<実演契約書>

劇団,楽団と歌手や演奏家などの実演家の出演契約が打ち切られた場合,そもそも劇団との出演契約が労働契約だったのか, 委任契約(業務委託契約)のような性質のもの(あるいは類似の無名契約で民法の適用のみ考えればよいもの)だったのかが, 実演家の労働者性をめぐって争われることになります。
この点を考えるうえで以下の過去の裁判例が参考になります。

「新国立劇場合唱団員出演基本契約更新拒絶事件」
東京地裁平成18年3月30日平成17(ワ)4266地位確認等請求事件

*1年間の出演基本契約を打ち切られたソプラノ歌手が,労働契約上の地位の確認を求めた事案です。


お問い合わせ/ご相談
[著作権HOME]