03-3703-7076
houmu@pc.nifty.jp
駒沢公園行政書士事務所は、営業秘密、営業機密、ノウハウなどの知的財産権の活用・保護を契約書作成業務を通してみなさまにご提案します。
ごあいさつ サービス案内 代表者ブログ

「駒沢公園行政書士事務所日記」

メールマガジン

まぐまぐ「著作権判例速報」配信中

リンク集

著作権・知財情報に役立つリンク集

WEBチラシ

事務所のチラシ、おしらせを掲載

携帯サイト

QRコード事務所の携帯版サイトです

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ窓口です

営業秘密・機密・ノウハウ保護

契約書作成

みなさまが保有される知的財産権(著作権・ノウハウなどの営業秘密、営業機密、ブランド)の保護・活用がますます重要となってきています。
また、業務委託会社(元請け先)が各種ISO、プライバシーマーク取得によりチェックシートが受託会社(下請け先)に回ってくる機会が増えているかと思います。 しかし今後は、金融商品取引法(日本版SOX法:J-sox法)施行、実施基準の策定に伴い内部統制(社内体制の整備、文書化など)について受託会社(下請け先)への要求はさらに増えてくることが確実です。中小企業もJ-SOX法と無縁ではいられません。

過去の取扱い実績

業務委託契約書作成・校正
秘密保持契約書(NDA)
退職従業員競業制限誓約書
個人情報保護を含めた情報リスクマネジメント規約
社内向け誓約書
機密保持、知財規定就業規則校正
ウエブサイト構築ノウハウ提供契約
商標権侵害警告書
契約終了に伴う事後処理通知書など

お取引条件など

報酬、お取引条件については、著作権契約書の報酬のページをご覧ください。

ノウハウ・営業秘密の保護について

創作物を保護するあるいは、著作権法では保護できないノウハウや営業秘密、営業機密については別途対応を考えていかなければなりません。
その際には、特許権にかかわる先使用権制度における立証手法が参考となります。
出典:先使用権制度ガイドライン(事例集)
「先使用権制度の円滑な活用に向けて-戦略的なノウハウ管理のために-」について
特許庁総務部技術調査課

証拠力を高めるために以下の手法を考えることができます。

また、社内での営業秘密管理が重要となります。経産省知財政策室では、中小企業における営業秘密管理に役立つツールを公表していますので、有効に活用したいところです。
・2010年4月9日発表
「営業秘密管理指針(改訂版)」の公表〜事業者の価値ある情報の管理方法等を解説!〜(METI-経済産業省)
「営業秘密管理指針(改訂版)」の公表〜事業者の価値ある情報の管理方法等を解説!〜
・2011年3月31日発表
「大学における営業秘密管理指針作成のためのガイドライン」の公表について(METI-経済産業省)
「大学における営業秘密管理指針作成のためのガイドライン」の公表について
・営業秘密管理指針の改訂(2011年12月1日改訂)
営業秘密侵害罪に係る刑事訴訟手続において、営業秘密の内容を秘匿する措置を導入することなどを内容とする法改正がなされた(平成23年法律第62号)。
営業秘密(METI-経済産業省)


証拠力を高めるための方策
1 確定日付、事実実験公証など公証制度(公証役場)の利用
2 内容証明、引受時刻証明など郵便制度の利用
3 タイムスタンプ、電子署名など電子認証の利用


OEM契約やノウハウ使用許諾契約(ライセンス契約)の際のノウハウ提供にあたっては、まずノウハウが営業秘密としての実質があるか不正競争防止法上の観点から検討していきます。
使用料率、使用態様、保護方法、またノウハウ使用許諾契約終了後のノウハウの取扱い、ノウハウの陳腐化(公知化や代替可能化による経済的価値の低下)を見越した規定の整備など検討事項はさまざまです。
証拠保全のための事実証明については公証人役場の活用をお勧めします。
事実実験公正証書の活用

最近の裁判例

(1)営業秘密にかかわる紛争

・光配向用偏光光照射装置営業秘密事件
 東京地裁平成29.7.12平成28(ワ)35978営業秘密使用差止等請求事件
・VAN(Value Added Network)事業営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成29.6.28平成28(ネ)10110不正競争行為等差止請求控訴事件
・高性能ALPS営業秘密文書提出命令申立事件
 知財高裁平成29.6.12平成29(ラ)10002文書提出命令申立却下決定に対する即時抗告事件
・体外診断用医薬品営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成29.2.23平成27(ネ)10113不正競争防止法および共有著作物の無断利用控訴事件
・婦人靴木型営業秘密事件
 東京地裁平成29.2.9平成26(ワ)1397等不正競争行為差止等請求事件、請求異議事件
・パチンコ・パチスロ開発データ持ち出し事件
 東京地裁平成29.1.26平成27(ワ)16719競業行為差止等請求事件
・「石井式漢字教育」顧客名簿営業秘密事件
 東京地裁平成29.1.26平成27(ワ)17716損害賠償請求事件
・介護サービス利用者情報営業秘密事件
 大阪地裁平成29.1.12 平成27(ワ)7288営業差止等請求事件
・冠婚葬祭互助会員情報営業秘密事件
 知財高裁平成28.12.21平成28(ネ)10079損害賠償等請求控訴事件
・加圧トレーニング営業秘密事件
 知財高裁平成28.11.30平成28(ネ)10066契約金返還等請求控訴事件
・県警交通規制情報管理システム営業秘密事件
 大阪地裁平成28.11.22平成25(ワ)11642貸金請求事件
・学習塾顧客名簿事件
 大阪地裁平成28.11.1平成28(ワ)803損害賠償請求事件
・VAN(Value Added Network)事業営業秘密事件
 東京地裁平成28.10.27平成27(ワ)24340不正競争行為等差止請求事件
・穴明け装置顧客情報事件
 知財高裁平成28.10.27平成28(ネ)10053特許権侵害差止等請求控訴事件
・BSS−PACK営業秘密事件
 東京地裁平成28.10.25平成28(ワ)360等不正競争行為差止請求事件、
 同承継参加申出事件、プログラム著作権確認請求事件
・トレーラー設計図営業秘密事件
 大阪地裁平成28.9.29平成25(ワ)10425等貸金返還請求事件
・電話占い顧客情報営業秘密事件
 東京地裁平成28.9.8平成27(ワ)2690不正競争行為差止等請求事件
・「脱がないリンパケア講座」営業秘密事件
 東京地裁平成28.7.27平成26(ワ)17021等損害賠償請求事件
・錫合金営業秘密事件
 大阪地裁平成28.7.21平成26(ワ)11151等
 不正競争行為差止等請求事件、業務禁止等請求事件
・臨床検査顧客別売上情報営業秘密事件
 大阪地裁平成28.6.23平成25(ワ)12149不正競争行為差止等請求事件
・栄養補助食品販売会社顧客名簿事件(控訴審)
 知財高裁平成28.6.13平成27(ネ)10137損害賠償等請求控訴事件
・ワイン顧客名簿営業秘密事件
 東京地裁平成28.5.31平成25(ワ)15928損害賠償等請求事件
・自動接触角計プログラム事件(控訴審)
 知財高裁平成28.4.27平成26(ネ)10059損害賠償等、著作権侵害差止等、
 損害賠償(反訴)請求控訴事件
・オートフォーカス顕微鏡営業秘密事件
 東京地裁平成28.4.27平成25(ワ)30447不当利得返還等請求事件
・美容室顧客情報事件
 東京地裁平成28.2.15平成27(ワ)17362損害賠償請求事件
・医薬品卸売業顧客名簿事件
 大阪地裁平成27.11.26平成26(ワ)9099不正競争行為差止等請求事件
・名刺帳持ち出し営業秘密事件
 東京地裁平成27.10.22平成26(ワ)6372不正競争行為差止等請求事件
・栄養補助食品販売会社顧客名簿事件
 東京地裁平成27.10.19平成26(ワ)16526損害賠償等請求事件
・コンサル顧客情報事件
 東京地裁平成27.9.11平成25(ワ)20534損害賠償請求事件
・体外診断用医薬品営業秘密事件
 東京地裁平成27.9.3平成26(ワ)22625不正競争防止法および共有著作物の無断利用事件
・鍵情報営業秘密事件
 東京地裁平成27.8.27平成26(ワ)19616営業妨害予防等請求事件
・タンクローリー技術営業秘密事件
 知財高裁平成27.5.27平成27(ネ)10015損害賠償請求控訴事件
・学習塾塾生管理情報事件
 大阪地裁平成27.3.12平成25(ワ)10955不正競争行為差止等請求事件
・長嶋茂雄取材原稿事件
 東京地裁平成27.2.27平成24(ワ)33981損害賠償等請求事件
 知財高裁平成27.12.24平成27(ネ)10046損害賠償等請求控訴事件
・レジスター顧客情報営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成27.2.19平成25(ネ)10095損害賠償請求控訴事件
・容器用バルブ形態模倣事件
 東京地裁平成26.11.20平成25(ワ)25367損害賠償等請求事件
・デジタルブック提供システム営業秘密事件
 大阪地裁平成26.10.23平成25(ワ)3058請負代金請求事件
・東洋総医研商号使用差止事件
 東京地裁平成26.9.29平成24(ワ)30904損害賠償等請求事件
・美容サロン営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成26.8.28平成26(ネ)10044不正競争行為差止等請求控訴事件
・自動接触角計プログラム事件
 東京地裁平成26.4.24平成23(ワ)36945損害賠償等請求事件
・モデル個人情報事件
 東京地裁平成26.4.17平成24(ワ)35742損害賠償請求事件
・OA機器顧客情報営業秘密事件
 大阪地裁平成26.3.18平成25(ワ)7391不正競争行為差止等請求事件
・美容サロン営業秘密事件
 東京地裁平成26.3.18平成25(ワ)127不正競争行為差止等請求事件
・ディスクパブリッシャーソフト事件(控訴審)
 知財高裁平成26.3.12平成25(ネ)10008著作権侵害差止請求権不存在確認等請求控訴事件
・産廃業者営業秘密事件
 大阪地裁平成26.3.6平成25(ワ)7931損害賠償請求事件
・発注情報漏洩事件
 知財高裁平成26.2.27平成25(ネ)10092損害賠償請求控訴事件
・パチンコ用呼出ランプ「デー太郎ランプシリーズ」プログラム事件
 東京地裁平成25.12.25平成22(ワ)42457損害賠償等請求事件
・不動産物件表示プログラム事件(営業秘密不競法)(控訴審)
 知財高裁平成25.12.11平成25(ネ)10061損害賠償請求控訴事件
・レジスター顧客情報営業秘密事件
 東京地裁平成25.10.17平成23(ワ)22277損害賠償請求事件
・パスケース形態模倣事件
 知財高裁平成25.9.30平成25(ネ)10059貸金請求控訴事件
・ソースコード及び顧客名簿営業秘密事件
 大阪地裁平成25.7.16平成23(ワ)8221不正競争行為差止等請求事件
・不動産物件表示プログラム事件(営業秘密不競法)
 東京地裁平成25.6.26平成24(ワ)29488損害賠償請求事件
・中古車オークション業者顧客情報事件
 大阪地裁平成25.4.11平成22(ワ)7025不正競争行為差止等請求事件
・ディスクパブリッシャーソフト事件
 東京地裁平成24.12.18平成24(ワ)5771著作権侵害差止請求権不存在確認等請求事件
・デザイナーズ戸建賃貸住宅営業秘密事件
 大阪地裁平成24.12.13平成21(ワ)13559損害賠償請求事件
・衛星通信事業免許申請営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成24.12.12平成24(ネ)10060損害賠償、損害賠償等請求控訴事件
・撹拌造粒装置設計図事件
 大阪地裁平成24.12.6平成23(ワ)2283不正競争行為差止等請求事件
・顧客情報営業秘密事件
 大阪地裁平成24.11.8平成23(ワ)12270損害賠償等請求事件
・多段階モード合成法技術資料営業秘密事件
 知財高裁平成24.10.17平成24(ネ)10005プログラム差止等請求控訴事件
・投資用マンション顧客情報営業秘密事件控訴審(エフ・ジェー・ネクスト事件)
 知財高裁平成24.7.4平成23(ネ)10084損害賠償請求控訴事件
・版下フィルム営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成24.6.14平成23(ネ)10076不正競争行為差止等請求控訴事件
・退職従業員印刷顧客情報営業秘密事件
 東京地裁平成24.6.11平成22(ワ)23557損害賠償等請求事件
・衛星通信事業免許申請営業秘密事件
 東京地裁平成24.6.1平成21(ワ)16761損害賠償請求事件
・水門凍結防止装置営業秘密事件
 東京地裁平成24.4.26平成21(ワ)38627損害賠償請求事件
・郵便受け事件
 大阪地裁平成24.4.19平成23(ワ)10113不正競争行為差止等請求事件
・ホームページ制作不正競業事件
 東京地裁平成24.3.28平成21(ワ)5848損害賠償請求事件
・健康器具顧客名簿事件(控訴審)
 知財高裁平成24.3.5平成23(ネ)10066業務禁止等請求控訴事件
・パリスメール退職従業員営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成24.2.29平成23(ネ)10061損害賠償等請求控訴事件
・医療用擬似3次元画像解析システム事件
 東京地裁平成24.2.21平成21(ワ)38953損害賠償請求事件
・多段階モード合成法数値計算アルゴリズム営業秘密事件
 東京地裁平成23.12.14平成23(ワ)10050プログラム差止等請求事件
・小型USBフラッシュメモリ形態模倣事件(控訴審)
 知財高裁平成23.11.28平成23(ネ)10033損害賠償請求控訴事件
・投資用マンション顧客情報営業秘密事件(エフ・ジェー・ネクスト事件)
 東京地裁平成23.11.8平成21(ワ)24860損害賠償請求事件
・版下フィルム営業秘密事件
 東京地裁平成23.10.21平成19(ワ)30603不正競争行為差止等請求事件
・光商事プログラムアクセス営業秘密事件
 東京地裁平成23.9.30平成22(ワ)18718損害賠償請求事件
・健康器具顧客名簿事件
 東京地裁平成23.9.29平成20(ワ)35836業務禁止等請求事件
・ポリカーボネート樹脂製造装置営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成23.9.27平成22(ネ)10039不正競争行為差止等請求控訴、同附帯控訴事件
・パリスメール退職従業員営業秘密事件
 東京地裁平成23.9.14平成22(ワ)29497損害賠償等請求事件
・スペースチューブ事件
 東京地裁平成23.8.19平成22(ワ)5114損害賠償等請求反訴事件
・光通風雨戸営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成23.7.21平成23(ネ)10023損害賠償等請求控訴事件
・PLガス顧客名簿営業秘密事件
 知財高裁平成23.6.30平成23(ネ)10019損害賠償請求控訴事件
・保安用品総合カタログ事件
 大阪地裁平成23.4.28平成21(ワ)7781損害賠償等請求事件
・ポリカーボネート樹脂製造装置営業秘密事件(別訴)
 東京地裁平成23.4.26平成20(ワ)28364不正競争行為差止等請求事件
・小型USBフラッシュメモリ形態模倣事件
 東京地裁平成23.3.2平成19(ワ)31965損害賠償請求事件
・「恋愛の神様」ケータイコンテンツプログラム事件(控訴審)
 知財高裁平成23.2.28平成22(ネ)10051損害賠償請求控訴事件
・光通風雨戸営業秘密事件
 東京地裁平成23.2.3平成20(ワ)34931損害賠償等請求事件
・投資用マンション顧客情報営業秘密事件
 大阪地裁平成22.10.21平成20(ワ)8763不正競争行為差止等請求事件
・電話占い営業秘密事件
 大阪地裁平成22.6.8平成20(ワ)7756等不正競争行為差止等請求事件
・デントリペア機密保持誓約書事件
 東京高裁平成22.5.27平成21(ネ)356損害賠償等請求控訴事件
・コエンザイムQ10営業秘密事件
 東京地裁平成22.4.28平成18(ワ)29160損害賠償等請求事件
・ワンルームマンション営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成22.4.27平成21(ネ)10080不正競争行為差止等請求控訴事件
・ポリカーボネート製造装置営業秘密事件
 東京地裁平成22.3.30平成19(ワ)4916等不正競争行為差止等請求事件
・エンジニア労働派遣営業秘密事件
 東京地裁平成22.3.4平成20(ワ)15238不正競争行為差止等請求事件
・アイブロウトリートメント営業秘密事件(控訴審)
 大阪高裁平成22.2.24(ネ)1456損害賠償、情報使用禁止等請求控訴事件
・マットレス形態模倣事件
 大阪地裁平成22.1.19平成20(ワ)8486不正競争行為差止等請求事件
・ワンルームマンション営業秘密事件
 東京地裁平成21.11.27(ワ)不正競争行為差止等請求事件
・スピーカ測定システム事件
 東京地裁平成21.11.9平成20(ワ)21090著作権侵害差止等請求
・貸金業顧客名簿営業秘密事件
 東京地裁平成21.10.30平成21(ワ)4767損害賠償請求事件
・アイブロウトリートメント営業秘密事件
 大阪地裁平成21.4.14平成18(ワ)7097等損害賠償等請求事件
・粉砕機械設計図事件(控訴審)
 知財高裁平成21.3.31平成21(ネ)10001損害賠償等請求控訴事件
・Eコマース商品仕入先情報営業秘密事件
 東京地裁平成20.11.26平成20(ワ)853損害賠償請求事件
・融雪板営業秘密事件
 大阪地裁平成20.11.4平成19(ワ)11138不正競争行為差止等請求事件
・リライト式ポイントカード共同開発秘密保持契約事件
 東京地裁平成20.10.30平成18(ワ)17608損害賠償等請求事件
・転売顧客名簿営業秘密事件
 東京地裁平成20.9.30平成19(ワ)27846損害賠償等請求事件
・馬券予想情報顧客名簿事件
 東京地裁平成20.7.30平成19(ワ)28949損害賠償請求事件
・手刺繍柄バッグ販売価格営業秘密事件
 大阪高裁平成20.7.18平成20(ネ)245製造販売差止等請求控訴事件
・プリペイドカード代金決済システム営業秘密事件(控訴審)
 知財高裁平成20.6.24平成20(ネ)10006損害賠償等請求控訴事件
・出会い系サイト営業秘密事件(第2事件)
 大阪地裁平成20.6.12平成18(ワ)5172損害賠償請求事件
・リース建機管理プログラム事件
 大阪地裁平成20.5.20平成16(ワ)1091等損害賠償等請求事件
・退職取締役競業事件
 知財高裁平成20.3.31平成19(ネ)10076損害賠償請求控訴事件
・産業用ロボット営業秘密事件
 名古屋地裁平成20.3.13平成17(ワ)3846不正競争防止法に基づく差止等請求事件
・融資覚書営業秘密事件
 東京地裁平成20.2.27平成18(ワ)21248損害賠償請求事件
・堤人形事件
 仙台地裁平成20.1.31平成15(ワ)683不正競業行為差止等請求事件
・プリペイドカード代金決済システム営業秘密事件(原審)
 東京地裁平成19.11.27平成17(ワ)23171損害賠償等請求事件
・宅建取引営業秘密事件
 東京地裁平成19.10.30平成18(ワ)14569等不正競争行為差止請求事件
・ごま豆腐レシピ営業秘密事件
 大阪高裁平成19.10.18平成18(ネ)2431損害賠償請求控訴事件
・電磁波吸収材ノウハウ事件(控訴審)
 知財高裁平成19.8.30平成19(ネ)10035損害賠償請求控訴事件
・ダイニングサービスマニュアル営業秘密事件
 東京地裁平成19.6.29平成18(ワ)14527-2,15947等損害賠償等請求事件、
 マニュアル使用差止請求事件
・酒類販売店顧客情報営業秘密事件
 東京地裁平成19.5.31平成17(ワ)27477等損害賠償請求事件
・水門開閉装置営業秘密事件
 大阪地裁平成19.5.24平成17(ワ)2682損害賠償請求事件
・出会い系サイト営業秘密事件(第1事件)
 大阪地裁平成19.5.10平成18(ワ)5172損害賠償請求事件(一部判決)
・電磁波吸収材ノウハウ事件
 東京地裁平成19.3.16平成17(ワ)18066損害賠償請求事件
・人材派遣業営業秘密侵害事件
 大阪地裁平成19.2.1平成17(ワ)4418損害賠償請求事件
・レース編み機プログラム事件
 東京地裁平成18.12.13平成17(ワ)12938不正競争行為差止等請求事件
・P2P型認証システム営業秘密事件
 東京地裁平成18.7.31平成17(ワ)8362不正競争行為差止等請求事件
・在宅介護サービス営業秘密事件
 東京地裁平成18.7.25平成16(ワ)25672営業行為差止等請求事件
・平成電電事件
 東京地裁平成18.3.30平成16(ワ)25297営業行為差止請求事件
・原価セール第二訴訟事件
 知財高裁平成18.2.27平成17(ネ)10007不正競争 民事訴訟事件

(2)ライセンス契約にかかわる紛争

・L.A.Gear商標使用再許諾契約ロイヤリティ請求事件
 東京地裁平成22.3.11平成18(ワ)28251等ロイヤリティ請求事件
・排ガス浄化システム特許実施契約事件
 知財高裁平成21.12.17平成21(ネ)10036業務委託料等請求控訴事件
・コンビニフランチャイズリロケイト物件事件
 仙台地裁平成21.11.26平成18(ワ)1243損害賠償請求事件
・バイオ特許ライセンス契約事件
 知財高裁平成21.8.18平成20(ネ)10086特許権実施料等請求控訴事件
・ロボット技術指導契約事件
 大阪地裁平成21.7.23平成20(ワ)4712技術指導料等請求事件
アイピッチ登録商標譲渡契約事件控訴審
 知財高裁平成21.4.27平成21(ネ)10018商標権移転登録抹消登録請求控訴事件
・排ガス浄化システム特許実施契約事件
 東京地裁平成21.4.16平成19(ワ)28849業務委託料等請求事件
・衛生管理システム営業譲渡契約事件
 東京地裁平成21.3.31平成19(ワ)18611商標権侵害差止等請求事件
・メロンパンフランチャイズ事件
 仙台地裁平成21.2.26平成18(ワ)59等債務不存在確認等請求事件
・アイピッチ登録商標譲渡契約事件
 東京地裁平成21.2.5平成19(ワ)30807商標権移転登録抹消登録請求事件
・石風呂装置専用実施権設定契約事件
 知財高裁平成21.1.28平成20(ネ)10070損害賠償請求控訴事件
・バナバ茶健康食品契約事件
 東京地裁平成21.1.21平成18(ワ)14587等特許確認等請求事件
・デジタルテレビ用ソフトウェアライセンス契約違反事件
 東京地裁平成20.9.18平成19(ワ)7222原状回復等請求事件
・セブンイレブン報告義務事件
 最判平成20.7.4平成19(受)1401書類引渡等,請求書引渡等請求事件
・プロ野球選手肖像権事件
 知財高裁平成20.2.25平成18(ネ)10072肖像権に基づく使用許諾権不存在確認
 請求控訴事件
・たこ焼きフランチャイズ契約事件
 千葉地裁平成19.8.30平成16(ワ)1744損害賠償請求事件等
・化粧品ノウハウ契約解除事件
 東京地裁平成19.8.29平成17(ワ)26738処方使用料等反訴請求事件
・フランチャイズ契約解除事件
 福岡高裁平成19.7.19平成19(ネ)59損害賠償金支払請求控訴事件

以上の各事案について、詳しくは拙稿ブログ記事などをご覧ください。

個人情報の保護

個人情報の保護については、2007年3月30日公表の「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」(平成16年10月22日厚生労働省経済産業省告示第4号、平成19年3月30日改正、平成20年2月29日改正)などへの配慮が必要です。
業務委託契約書やウエブ上の利用規約の文言をガイドラインに沿ったものにする必要があります。

たとえば、ウエブ上の利用規約にユーザーの個人情報の利用規定を置く場合、利用目的としては、「マーケティング活動に用いるために」では特定されていないとされます。
そこで「○○事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品・サービスに関する情報のお知らせのために利用」程度の特定性が求められます。